バッテリーの価格気になりま専科

大注目!お役立ち工事用品情報サイトの決定版!

テスターなどを一般的に使用しない消費者にとりましてはカーバッテリーの良し悪しを判断する材料が感覚的なものになってしまうことでしょう。これは決して絶対的な判断基準とは言えませんが補助的な知識として覚えておいてください。

 

エンジンの始動というのは短時間で大電流を必要とするため放電時の電圧降下が少ないということが求められます。
カーバッテリーの性能を判断する絶対的判断基準の一つである始動性能の感覚的判断と言う事で「エンジンの掛かり=クランキングスピード」と覚えておけば、感覚的に判断基準にすることが出来ます。

 

ただし自動車によりましては始動時のクランキングスピードというのは違っているので他車との比較をすることは出来ません。
つまり自分の車の感覚を覚えておくということが自分の車のバッテリー性能の判断基準となるのです。


 

なぜ貴方はレンチを探しているのですか?

 

■エンジンを組みたい
■ホイルナットを締めたい
■補記類の点検用に
■オートバイを全バラシしてレストアしたい

 

このようにいろいろとあると思います。
なので、その目的の作業に合ったトルクレンチを探せば良いというワケなのです。

 

「どんなトルクレンチを購入すれば良いのか?」と考えている方が多いと思います。
しかしまずは「何の為にトルクレンチが必要なのか?」ということを考えるようにしましょう。

 

「何の為に」と言うのはトルクレンチを購入するきっかけになった作業が必ずあるハズなのです。
きっとその作業をしたいからトルクレンチが必要と考えたのでしょう。その作業内容を良く考えてみてください。




バッテリーの価格気になりま専科ブログ:18 4 21
よく減量中は
ご飯の回数を減らしたほうがいい…
と考えている方がいますが、
それは大きな誤解です!

減量中だからこそ、
24時間3食食べたほうがいいんですよ!

どうして24時間あたりの食事の回数を減らすのが、
減量上よくないのかというと…

例えば、
ご飯の回数を24時間2食に減らしたとします。
こうすると普段より1食少ないので
それだけで痩せた気になります。

しかし実際は
他の2食のご飯量が多くなってしまったり、
1食抜いた安心感から間食をしてしまったり…
結局は24時間トータルの摂取カロリーは
普段より多くなってしまいがち…

また、
24時間の摂取カロリーが一緒なら、
2食よりも3食で摂取したほうが
体脂肪ははるかにつきにくいといわれています。

それは
ご飯とご飯の間があくと、
肉体の中に栄養分を蓄えようとするからです。

つまり、
ご飯が不規則だったり回数が少ないと、
いつ次に栄養を摂れるか判らないと判断しているんですね。

なので、
24時間1800カロリーなら、
900カロリー×2食で摂取するよりも、
600カロリー×3食で摂取したほうが
肉体に脂肪がつきにくいってことになるわけです。

「朝はどうしても食べる気にならない」っていう人も、
ヨーグルトやシリアルといった軽いものでいいので
食べるようにしてみてくださいね。

こうするだけで、
肉体に脂肪がつきにくくなるので、
結果として減量も上手くいき、
リバウンドの反動も少なくて済みますよ!

朝、少し早起きをして
ご飯を食べるようにするだけで、
減量の成功率がアップする上に、
24時間をスッキリした気分で過ごす事が出来るなんて
まさに一石二鳥ですよね!



バッテリーの価格気になりま専科 モバイルはこちら